ひっそり、詩を書いて暮らす

hissopoem.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 14日

うまい具合に

詩は、だいたい短い言葉で表現するために、熱くなりがちです。
押し付けがましいところや、力んだ言葉が並んだりします。
詩人の「詩」に対する気負いが、感じられて、
読み手はうんざりしているのかもしれません。
もっと、肩の力と、うまい具合に気を抜いた、脱力とユーモアを醸し出す言葉を、
読みたいし、書きたいです。
[PR]

by hissoripoem | 2008-11-14 20:08


<< 尾形亀之助のこと      ひきこもり文学 >>