ひっそり、詩を書いて暮らす

hissopoem.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 12日

奈良アートプロム 補遺 「パトリ」にて

f0194956_18255329.jpg

奈良アートプロム(NAP)は、無事終了しました。
会期が短いわりに会場は多く、回りきることは不可能でした。
そんな中でも、カメラを持ち歩いていて、かつ印象に残ったものを、しばらく紹介していきます。

いつもは前を通っているものの、中に入ったのは初めてのお店もありました。
そのひとつが、椿井小学校前の「パトリ」でした。
芳林裕子さんと山村彩世理さんの展示が行われています。(19日まで)

写真は、小腹が空いたときのランチです。
これもひとつのアートだなあ、と思いました。
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-12 18:33 | 日々
2010年 10月 11日

「詩のパビリオン」最終日

f0194956_8435575.jpg


昨日は、最終日でした。
朗読会には20名を越える方々にご来場いただきました。
朗読は、だいたい予定通りにできました。
その後の歓談も楽しかったです。
閉店後、お店でパビリオン夫妻と小さな打ち上げをしました。
とても、いい一日でした。
帰り道、夜空の星が綺麗でした。
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-11 08:48 | 日々
2010年 10月 09日

「詩のパビリオン」5日目

f0194956_19473850.jpg


本日は、雨にもかかわらず、多くの方にご来場いただきました。
ありがとうございます。

明日は、いよいよ最終日です。
午後5時からは、朗読会も行います。
写真のようなライトの下でとつとつと読んでみます。
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-09 19:52 | 日々
2010年 10月 08日

「詩のパビリオン」4日目

f0194956_20271791.jpg


本日は、とてもとても静かでした。
まるでO店主夫妻のお家にお邪魔したかのようでした。
そして、焙煎機、理論と経験、新しい珈琲の味、腰痛、芸術と年齢などについて語っていました。
珈琲一杯で充実した時間を過ごせるのが、喫茶店の魅力ですね。

明日は、午後3時過ぎにはパビリオンに行きたいです。


10日(日)午後5時より、詩の朗読会を行います。(40分ほど)
当日、ラストオーダーは午後4時30分頃になりますので、予めご了承願います。

[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-08 19:48 | 日々
2010年 10月 07日

「詩のパビリオン」3日目

f0194956_2122667.jpg

午後4時過ぎにお店に着きました。
本日も、多くの人に来ていただき感謝です。

午後遅くの店内は、陽も落ちて、ますますしっとりとした雰囲気でした。
オレンジ色の淡い光が、お店を包んでいて、とても詩的です。
お時間のある方は、是非御越しください。

明日も、できるだけ早くパビリオンへ行きたいです。
(柱に貼った紙には、俳句を三句載せました。
 詩ではなく、俳句。でも、俳句も詩だなあと思っています。)
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-07 21:16 | 日々
2010年 10月 06日

「詩のパビリオン」休憩最終日

f0194956_18572744.jpg

建築中のパビリオンに辿りつけたのは、2009年の夏頃でした。
おお、こんな路地奥に!、と驚く反面、開店をとても楽しみにしていました。
昨年の秋にオープンした次の週から、だいたい毎週のように通うようになりました。
静かな雰囲気、コーヒーの味もよく、何より店主夫妻の人柄に惹かれています。
今回、NAPでパビリオンを個展会場とすることができて嬉しく思っています。
ぜひ、一度、路地奥へ御越しください。

明日の木曜日から、3日目の展示が始まります。
午後5時前後には、路地奥の喫茶店にいるつもりです。
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-06 19:09 | 日々
2010年 10月 05日

「詩のパビリオン」休憩2日目

f0194956_18245623.jpg

露草の深く青い花が咲いています。
キンモクセイの香りに包まれています。
ススキの穂が、揺れています。
今年の秋は、早送りでやって来ています。
閑話休題、昨日の続きです。
NAPに参加しようと思った理由です。
それは、喫茶店パビリオンの存在です。

山際淳司風に表現すれば、
「ある雑誌の一ページが、その男の運命を変えた、と言えば言い過ぎだろうか。」となります。
しかし、その雑誌は、もうありません。
今、読み返しても、記事や写真のクオリティーは、編集者の心意気を感じさせるものです。
Lマガジン2008年6月号の、一ページに、パビリオンは紹介されていました。
といっても、まだ建築中のパビリオンです。
奈良特集の最後に、路地奥の喫茶店と店主夫妻が写真で紹介されていました。
早速、地図を頼りに、パビリオンを訪れようとしましたが、果たせませんでした。
辿りつけなかったのです。
(つづく)
[PR]

# by hissoripoem | 2010-10-05 19:13 | 日々